• かぎ編み針
  • 棒編み針
  • ソーイング
  • パッチワーク
  • 刺しゅう
  • 手織り
  • トールペイント
  • レース

人気の先生クローズアップ▼バックナンバーを見る

  

パッチワーク
田尻 砂津子 先生

2種類の伝統的なアメリカンクラフト

■ご担当いただいている講座の魅力は何ですか。

(キルト)
・15cm角のコースターorティマット、バックin bag などなどすぐに使えて実用性のある小物を中心に作ります。キルトベテランの方、或いは、キルト久し振りの方、そして、全く始めての方も、ご一緒に、マイペースで進めて行ける講座となっています…

(ラグ)
・ラグは、敷物。フックは刺すという意味のフックド・ラグです。目の粗い芯地に、ブツブツと絵を描くように刺していきます。簡単にどなたにでも出来ます。

■先生が作品を制作されるときに心がけておられることはどんなことですか。

(キルト、ラグ共通)
・今、作っている作品がいつも自分にとって、ベストNO.1 だと思って作ります。

■講座ではどういった指導を心がけておられますか。

(キルト、ラグ共通)
・1人1人に対しての個人指導と思っています。個人のペースで進めていける事が長く続けていける近道です。そして、それがいつの間にか楽しみに変わる瞬間を味わってください。ホビーは楽しみです〜

■講座を受講しようと思っておられる方へメッセージをお願いいたします。

(キルト)
・30年もキルトに携わって来てしまった私ですが、ずうっと楽しかった様に思います。そのキルトのノウハウetcご一緒に楽しみましょう!

(ラグ)
・日本では、まだまだ珍しいフックド・ラグですが、キルトと同様に昔からあるアメリカンクラフトです。キルトよりも、とても楽に作り上げる事が出来ます。

1986年、二日市に「キルターズ・スタジオビオニー」設立、主宰。キルトジャパン、パッチワーク通信等の
雑誌に作品を発表。久留米の石橋美術館での作品展を始め、アジア美術館での作品展を生徒と共に隔年毎に開催。

人気の先生クローズアップ バックナンバー

資料請求はこちら!×