資格取得講座

  • かぎ編み針
  • 棒編み針
  • ソーイング
  • パッチワーク
  • 刺しゅう
  • 手織り
  • トールペイント
  • レース

札幌校

人気の先生クローズアップ▼バックナンバーを見る

  

白樺細工
しらかばsulo 佐藤 咲子 先生

森のめぐみをいただいて、生活を豊かにするモノづくりを。

白樺の魅力とは
白樺樹皮細工の材料は、もちろん、白樺の樹皮。森で生きていた白樺からいただきます。森や自然とつながったモノづくりができること、森のめぐみを自分たちの生活に取り入れられること、それが白樺樹皮細工の最大の魅力だと感じます。
 また、白樺そのもののナチュラルな色合いと、まるで革のようなしなやかであたたかな手触りも魅力です。いつものパンも、白樺のパンカゴに入れるだけで数倍すてきに見えてしまいます。

 材料の樹皮は、主に森づくりの過程で出る間伐材からいただいているので、森や地域を育むことにもつながっています。お店で簡単に買えない材料なので、森探しからしなければならず、量や質に大変苦労しますが、原料調達から作品が完成するまで一連のこと全てを自分の手で行えるということも魅力です。




指導の際に心がけていることは?
初心者の方向けに、基本を身につけられるような内容としています。白樺の原皮から取り扱い、樹皮の下処理(白皮剥き、帯作り、厚み調整など)も行ってもらいます。最初は、ワイルドすぎる材料にとまどうかもしれません。コツがわかるまで作業を大変に感じるかもしれません。でも、白樺樹皮細工は、カゴなどを編むのは最後の1割ほどのお楽しみで、あと9割ほどは下準備、と言っていいほど、材料の準備が要です。
 みなさんの思い描く自分がつくりたい作品をつくれるようになるためには、原皮の処理が必要不可欠。原皮から扱えるようになることは、遠回りのようで1番の近道となるはずです。

 また、使う白樺の樹皮がどこの森からどのような理由で採取されたのかもお話するようにしています。
 近年、白樺カゴは大変人気が高く、森主に無断で樹皮を剥がす人や、カゴ作りのために樹皮を剥がしたまま放置して森を真っ黒にして平気な人もいて、山主さんや地域の人が悲しんでいることもあります。そういった方法で入手された樹皮でつくられた白樺の作品は、いくら表面上は美しい樹皮でも、私には美しいとは思えません…。
 その作品の材料である白樺の樹皮、その樹皮を身にまといすっくと立っていた白樺、そしてその白樺が生きていた森…。白樺の作品をつくる時には、そんなことまで感じてもらえるよう、講座で使う白樺の樹皮と森とのつながりもお話するよう心がけています。最近では白樺がたくさん生えている森も取得したので、今後はその森との付き合い方などもお伝えしたいと思っています。



これから、始めようと思っている方へのメッセージ
 森のめぐみをいただいてつくるモノづくりはとても楽しいですよ。食卓に白樺カゴがあったり、白樺のアクセサリーを身につけたりしていると、森とつながっているような感覚がしてうれしくなります。毎日の暮らしを心豊かにしてくれる、白樺でつくる作品たち。森や白樺のことに思いをめぐらせながら、一緒に作ってみませんか?

リスやウサギなどの野生動物が好き。森を求め、東京から北海道に移住。循環型の森林づくりを行っている森林のまち・下川町で、白樺の作品づくりを通して森のある暮らしを提案しています。

人気の先生クローズアップ バックナンバー

資料請求はこちら!×